ジェネリック医薬品とは

最近よくテレビのCMなどでもジェネリック医薬品というフレーズを聞きます。
ジェネリック医薬品というと日本ではまだ馴染みがなく誤解も多く、お年寄りの中ではバッタもんというマイナスのイメージを持つ方も多いようです。

 

 

ジェネリック医薬品、日本語に直すと後発医薬品となります。
実は薬というのは莫大な費用と年月をかけて開発するもので有効成分の基礎研究から臨床試験、治験と流れて国の認可を受けて発売となる為に製薬会社はその費用を回収するために大変な労力を費やすわけです。一般的に一つの薬を世に送り出す為に15年前後、費用は安くて10億円から高いもので数百億円もかかるといわれています。ですから、製薬会社としては次の開発費用を得る為にも費用回収に血眼になるわけです。
やっと出した薬を直ぐに他の製薬会社から真似されて、また真似じゃなくても後から同じものを出されて売上を伸ばされたら倒産するかもしれません。なので医薬品には特許を設けて権利を保護してるのです。

 

 

特許期間は20年とされていますが治験前に特許前に申請しますので、薬になってからの特許期間というのは10年前後です。この期間は独占して、開発した薬を売ることが出来ます。
ただこの特許期間が切れた後は他の製薬会社が同じ成分や製法で同じ効果を持つ薬を製造出来るのです。これがジェネリック医薬品です。

 

ジェネリックは待った分だけ基礎研究には時間も費用はかかりませんから本家のものより安く利用出来るのが最大のメリットです。平均では先発医薬品の半値くらいになるそうです。巷ではバイアグラの特許が切れて各製薬会社からジェネリックが出回りだしました。そのうち早漏治療薬のプリリジーも承認されれば、国内でもジェネリックが出回るかもしれません。

 

 

ジェネリック医薬品は先発医薬品のデータも蓄積されてますので更に安全性も高くなり、良いことづくめです。以前は高くて購入出来なかった薬がジェネリック医薬品が使えるようになれば医療の平等という見地からも喜ばしい事だと思います。

 

 

個人輸入で購入できるプリリジーのジェネリックはインド製のものが大半です。
インド製というと胡散臭く思われる方もいるかと思いますが、インドは大手のジェネリック医薬品メーカーが集結する製薬大国としても世界的に有名であり、品質面でも定評があります。このインド製のジェネリック医薬品ですが、日本国内で流通されているジェネリック医薬品よりも格安なので通販では一番需要があるのです。

関連ページ

ポゼット
プリリジージェネリックにはポゼットという商品があります。現代で一番安いス老治療薬ではないでしょうか。
エバーラスト
プリリジージェネリックのエバーラストも人気の商品です。価格も非常に安く、1錠500円程度からご利用できます。
トップアバナ
トップアバナはED治療と早漏改善を伴わせたステンドラジェネリックの改良版です。
スーパーPフォース
スーパーPフォースはプリリジーとバイアグラの両方の有効成分を持ち合わせる早漏とED改善薬です。
スーパーカマグラ
スーパーカマグラはバイアグラとプリリジーの成分を兼ね備えたイイトコどりの治療薬です。EDと早漏の合併症の方には最適な商品でしょう。

早漏治療薬プリリジー通販

メニュー

最新記事