早食いの男性は要注意です!

女性の観点からいくといくらビジュアルが自分好みでも
身体の相性が悪ければ残念ですよね。
しかし当たり前ですが身体の相性は相手と実際に
セックスするまで分かりません。

 

 

特にEDだったり早漏だったりすると
ガッカリだと思います。
出来る事なら実際に肉体関係を持つ前に、その男性との
セックスがどうなのかが、ある程度判断がつけばいいと思いませんか?

 

 

ここで面白いレポートが有ります。
英国の心理学者がこういう研究結果を
報告しているのです。
それは、「早食いの男性は早漏の可能性が高い」というものです。

 

 

理由は女性の身体を料理としてみると、一応納得がいきます。
つまり早食いの人は料理を早く食べる。
女性を料理とすると早く射精してしまう、という事なのでしょう。
性欲も食欲も三大本能のひとつですから説得力はありますよね。

 

 

もうひとつ付け加えると早食いでグルメな人ほど早漏の可能性が
高くなるのだそうです。
グルメゆえに美味い料理には感動しますよね。
これを女性に当てはめると、女性との裸体や性行為に過剰に興奮
してしまうという理屈です。

 

 

さらにこの報告では料理の食べ方でEDの可能性まで探っています。
つまり料理に何の関心も示さなかったり、リアクションが薄い、
食事そのものに興味が薄い男性というのはEDの可能性が
高くなるそうです。
先に書いたように食欲も性欲も大事な本能ですから、やはり
何かしら関係があってもおかしくはありません。
食欲が減退してる男性が性欲も薄くなるというのは当然のような気がします。

 

 

まぁ、これはあくまでも心理学の観点からのレポートでありますから
早食いの人全員が早漏であるとは断言できないでしょう。
ただ、早漏気味の方で「俺って早食い」と、改めて気づく方もいるでしょう。

 

 

現代では早漏の強い味方、プリリジー等の服用薬もありますので
たとえいま早漏であっても、徐々に改善していけばいいわけです。
過度の心配は無用です。


関連ページ

早漏とは
プリリジーは世界的に認められた早漏防止治療薬です。日本未認可ですが通販(個人輸入)で購入できます。
早漏と原因
早漏は一般的に2つのことが原因とされています。何でもそうですが性行為に対する慣れと改善したいという前向きな心構えがあれば克服できます。現代ではプリリジーのような治療薬が克服への一歩を手助けしてくれるでしょう。
早漏の種類
早漏はざっくりと分けて2つのタイプに分けられます。ほとんどのケースは後天性のもので、環境や精神的なものに影響されます。このような場合はプリリジーで改善が期待されます。
あなただけじゃない!男性の3割は早漏で悩んでいる
早漏で悩んでいる人が世界中に多くいることに驚かれるのではないでしょうか。決して一人だけの悩みではありません。早漏は改善できます。問題はどのように対処するかです。
早漏は薬で克服できる時代になりました!
現代では早漏は薬で治療できる時代になりました。そのパイオニア的な存在であり実績が評価されている薬がプリリジーです。
女性が望む性交時間とは
男性が早漏を改善したいのは、あたりまえのことですが女性から嫌われたくないから、女性からモテたいからの一言につきます。では女性はどのくらいの性交時間を求めているのでしょうか?
早漏の原因 【自律神経のアンバランス】
早漏の主な原因は自立神経のアンバランスにあります。早漏治療薬はこのアンバランスを正常に戻す作用があります。
EDと早漏の対策のハイブリット治療薬
EDと早漏の悩みを同時に解決するハイブリットな治療薬があります。
早漏予防に役立つ道具
早漏予防に役立つ道具・アイテムを紹介しています。
強烈な外国人女性の早漏男性観
外国人女性は本音をあからさまに言うところがあります。彼女たちの早漏男性観は?
早漏予防に効果的な食物
早漏予防に効果的である食物について書いています。セロトニンを増やす食物です。メンタルヘルスのためにも摂取したい食物ですね。
オナニーと早漏の関係
オナニーの仕方と早漏には深い関連性があります。やり方ではなく欠ける時間に原因があるようですね。
浮気や離婚の原因ともなる早漏
早漏が浮気や離婚の原因になっているケースが冗談抜きであるそうです。特に外国では顕著だそうです。
女性は早漏男性をどう思っているのか?
早漏男性を女性はどのように思っているのでしょうか?早漏で悩んでいる・・・。女性の意見を考えたら、今すぐ治療したほうが身のためかもしれませんね。
適度なアルコールで早漏防止
適度なアルコールは早漏防止になると言われています。個人差はありますが効果的なのは適量です。飲み過ぎは逆効果、もしくは勃起不全を併発する恐れもあります。

早漏治療薬プリリジー通販

メニュー

最新記事